NBCソルトチャプター宮城  第2戦!!

2019.08.15

東北フィールドテスターの森本です。

今回はNBCソルトチャプター宮城 第2戦のレポートをお届けします!

2019/7/28に宮城県の仙台市のサーフエリアを舞台としたNBCソルトチャプター宮城 第2戦 エコギアカップが行われました。前回の第1戦に引き続くフラットフィッシュ(マゴチ・ヒラメ)が対象になります。

しかし事前情報では仙台市のサーフエリアは激渋とのこと・・・。本来であればスポーニングシーズンが終わり、アフター回復の個体が元気になってくる時期ではありますが、ここ3週間くらいは朝からサーフにエントリーしても良くて1,2本、ノーバイトなんてことも普通とのこと。

サーフエリアは大型が出やすいとは言え、これでは非常にリスクが大きいと判断、大会当日は唯一サーフ以外のエリアである漁港へエントリーしました。理由は移動距離(漁港は会場前!)、台風6号(のちに温帯低気圧)の影響を受けにくいことなどがありましたが、決め手は前日入っていた夜釣りの方が夕マズメに餌釣りで55cmほどのマゴチを釣っていたことでした。

魚さえ確実に居ることが分かれば、あとは如何に試行錯誤して競技時間内に口を使わせることが出来るか?まさに魚との知恵比べです。

大会当日、この日は6時前に協議開始予定でしたが、雷が絡むゲリラ豪雨により開始時間が1時間遅れ、7時前のスタートになりました。私のエリアは会場前ということで、そのまま徒歩でエントリー!まずは朝一ということ、且つこのエリアの魚が口を使うのかを手早く判断する為、HRXブレードフックを使用した巻きの釣りを展開しました。

今回はショートバイトを如何に取るかが非常に重要と思っていたので、感度に優れるCYPHLIST PRO SPEC CPRS-911Hを選択。強いロッドですが、魚を掛けてからもしっかりと曲がるため、フラットフィッシュにも全く問題なく使用できます。14gビフテキリグにカーリーテール系ワーム、ボトムの泥質に馴染むカラーを選択。メインベイトであるハゼ系を意識し、あまりボトムより浮かせすぎずにテンポよく巻きます。そして開始から10分くらいしたところで待望のバイト!しっかりとフッキングも決まり慎重にファイトし、無事にネットイン!これがいきなりのキッカーフィッシュ!幸先よく朝一からアドバンテージを取っていきます。

大多数が厳しいサーフ方面に車を向けたことから、正直この日は1本釣るだけで上位ポイントは獲得出来ると踏んでいましたが、これはリミットメイクを目指すしかない展開(笑)

再び雨が非常に強くなり、バケツをひっくり返したような雨に打たれながら1本目を獲ったタックルで暫く通しますが反応は無し。しかし同じエリアでやっていた参加者の方が同じく巻きの釣りで1本釣ったため、巻きの釣りでさらに変化を加えて展開していきます。

CYPHLIST FLATSABER CPFS-99MMにリーダーを50cmほど取った17.5gキャロで巻いていきます。今度はブレードフックは付けず、リーダーを長くとるキャロライナリグでよりナチュラルにアクションを変えていきます。雨は再び弱くなり、晴れ間が覗いたあたりで待望の2本目!小さいとは言え、貴重な2本目をゲット。

しかし上げ潮に変わったあたりで湾内の流れが緩くなります。フラットフィッシュは出来るだけ流れがあるところ・・・というのが持論ですので、流れが効いている漁港~サーフへの払い出し側のエリアへ徒歩で小移動。

2本目を釣ったものと同じタックルで、今度は流れに馴染ませながらルアーをドリフトさせていきます。アクションはロッドティップをチョンチョンと軽くあおってシンカーをピョンピョンと跳ねさせる感じ。ルアーも適度にアクションしながら徐々に流されていきます。そしてグングンと食い込むバイト!すかさずフッキング!上がってきたのはナイスキーパーサイズのマゴチ!

これで遂にリミットメイク!目標達成です!

あとは2本目の小ぶりサイズの入れ替えを目指しますが、今度は灼熱地獄!痛いくらいの日差しが照り付け、さらに朝の雨と相まってジメジメ不快全開モードに(汗) 魚の反応も鈍くなり、8g軽量キャロでさらにナチュラルに口を使わせに行きますが、口を使ったのは入れ替えならずの小ぶりヒラメ・・・。

結局マゴチ3本でウェイイン。17XXgで惜しくも準優勝!残念ながら2戦連続優勝とはなりませんでしたが、年間レースはTOPを維持出来ました。 優勝者も同エリアの対岸でやっていた居たため、選んだエリアとしては大正解だった様子。ウェイインしたのが僅か7名という厳しい中でのリミットメイクは大きい!

次戦3戦目は8月中旬のメバル戦になります。メバル戦も2年連続お立ち台に立っている相性の良い大会ですが、今年はエリアが変わるため、全く一からのスタートになります。しかしここで踏ん張れればいよいよAOY(アングラーオブイヤー)の奪還も見えてくるので、精いっぱい頑張りたいと思います!

タックル1
ロッド:CYPHLIST HRX PRO SPEC CPRS-911H【Valleyhill】
リール:スピニング2510番台
ライン:アバニ ソルトウォーターフィネスPE X8 0.3号 + TiNicks 16lb【VARIVAS】
フック:HRX ブレードフック 1/0 ゴールドブレード【Valleyhill】
ルアー:ベタンコスリムカーリー2.5inch(ウィードゴビー)【Bait Breath】

タックル2
ロッド:CYPHLIST FLATSABER CPFS-99MM【Valleyhill】
リール:スピニングC3000番台
ライン:アバニ ライトゲームスーパープレミアムPE X4 0.4号 + TiNicks 12lb【VARIVAS】
フック:フッキングマスター リミテッドエディション ヘビークラス 1/0【Nogales】
ルアー:ベタンコスリムカーリー2.5inch(ウィードゴビー)【Bait Breath】

2019年11月
« 10月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

CONTENTS

  • jado
  • whiplash factory
  • KAMIWAZA
  • Motor Guide
  • ZEBCO