寺沢 庸二
7/10(日)相模湖日相CUP第四戦が開催されました。
前日プラクティスは大雨、当日予報は真夏日とコンディションが大きく異なる状況下で夏に強いバックウォーターやインレットに濁りや激流などで崩壊する予想などしながらプラクティスを行いました。影響を受けるには時間のかかる本湖にエリアを絞り込みプラを行いフィーディングフィッシュのオイカワがフラットと岬周りに大量に目と魚探で確認出来、数本キャッチ出来ましたが日曜日の天気を考えると変わる可能性も有り思い込みは危険であくまで当日にアジャストして行こうとプラを終えました。
試合当日は予報通り真夏日、朝から日差しが強くタフな展開が予想出来ました、ボイルも少なく、フィーディングされる感じもなく平和に泳ぎ、魚探の画像からも気配なし、カレントが出始め何とか二本後一本が取れない、フィーディングパターンを諦め夏日の王道カバーパターンにシフトこの時期のカバーはやはりシェイドの規模が魚のストックに比例します。
絶対的信頼を置くパワーフィネス デビルジグ4.5gグリーンシュリンプに開発が大詰めに来ているデビルジグトレーラー 、ウォーターメロンで波よけの竹にボサとマッドカバーが溜まり係留船がとまっている複合カバー、ボートで見えない裏に水中へ貫通出来るスポットを探り抜けた場所でデビルシェイクでバイト、マッドカバーが濃すぎ抜けず時間かかればカバーに視点つくりバレてしまうのでblackscale XX 68MDXのパワーとPE1.5号を信じごぼう抜きでマッドカバー塊とバスをキャッチ‼️
改めてこのロッドの操作性とパワーの素晴らしさを実感、ルアーのデビルジグも強引なファイトでもフックが折れず、若干のフック伸びで魚をキャッチ出来るクオリティも最高でした❗️
結果お立ち台3位に入賞する事が出来ました。
[ウィニングタックル]
ロッド/ブラックスケールXX スペシャルモデル  BKXS-68MDX
ルアー/DEVIL JIG 4.5g グリーンシュリンプ +デビルジグトレーラー(プロト)