4月2日(日)タックルアイランド シリーズトーナメント結果報告。
年6戦、毎回、別の場所を転戦するツアー戦となるタックルアイランドシリーズトーナメントですが、今年の第一戦の舞台は茨城県のマッディレイク新利根川で開催されました。
今年は 年間優勝目指して 全戦参加する予定で、モチベーション的にも大事な初戦でしたが、なんと優勝する事が出来ました。参加人数は過去最大の109名。魚を釣って来られたのが 内34名と新利根川としては 厳しい結果でした。
僕の優勝ウェイトが 2本で 3084グラム。2本の内、キッカーとなった魚が 1本で2592グラムと言う新利根川では、年間最大クラスだそうです。
ウイニングルアーは 試合直前に送っていただいたNewデビルジグプロト4.5グラムにトレーラーとして これまた今後発売予定のワームのデビルシェイカーをセットした組み合わせでした。
試合内容ですが、好感触だったプラから 一転して大会本番は バイトも激減し、苦戦しましたが 上流でデビルジグプロト+デビルシェイカーで 492グラムを1本とり、下流に戻りつつ釣り下りますが なかなか反応がなく、魚影が濃く、人気場所の会場近辺に人が減ったであろう頃合いに入ると 微風でポカポカ陽気に なっていたので 浮き草のマットカバーが気になり、デビルジグプロト+デビルシェイカーで 丁寧に穴撃ち開始。このマットカバーは今次期は枯れてはいるものの、なかなか入れるのが大変でして、次期デビルジグは現行品より高比重化され、コンパクト化されたヘッド形状により、かなり きわどい所に入れる事が出来、見逃しそうな小さな穴を丁寧に撃っていき、水面直下から シェイクしながら誘い続けると違和感があり!?
フルフッキングすると マットカバーから ヘッドシェイクしながら出てきた頭はデカく、そのままマッドカバーの上まで抜きあげると マットの上で バタンバタン暴れるが水面上なので なす
すべもない状態を すかさずネットイン!!
僕も その魚体の太さにビックリでしたが、近くで釣っていた人も ビックリ(笑)
キッカーフィッシュ二本分の魚でした。
このモンスターを マットカバーの中から無事にキャッチ出来たのも 次期デビルジグの強フックと 食わせ能力の高いデビルシェイカー。そしてフッキングから一気に 持ち上げるパワーのあるパワーフィネスロッド、7.4フィートのロングレングスを持つ74MDXデビルジグカスタムの お陰でした。

次期発売のデビルジグとデビルシェイカーに ついては、今後発売間近に なった辺りでまた詳しく解説したいと思います。

[ウィニングタックル]

NEWデビルジグプロトタイプ4.5g + トレーラー:デビルシェイカー
ブラックスケールXX-SP 74MDX